顧問税理士のメリット

会社設立直後から顧問税理士を雇っている中小企業は沢山あります。それは顧問税理士を雇う事にメリットがあるからという理由に他なりません。顧問税理士のメリットとして最も大きいのが畑違いの税務に関連するアドバイスを貰う事ができるからです。素人の方が勘違いしているのが、売り上げがイコール利益ではないという事です。そのため、利益はまだでないから税金の心配をする必要がないと思われている方も多くなっています。しかし、会計上の利益と法人税の法人税算定の基礎となる金額は違っていますので注意が必要なのです。

また顧問税理士のメリットとして大きいのが税制改正など経営にとても重要な情報をすぐに入手する事ができる点です。助成金であったり保証制度などは一刻も早く知りたい経営者が沢山いますので、これだけでも顧問税理士を雇う価値があるでしょう。

他にも税理士の視点から経営分析を行ってくれるため資金繰りのチェックであったり、会社の損益などの正しい数値を確認したりする事ができます。経営は常に一歩先を見据えることが大切です。特に早めに動く事でリスクを最小限にする事も可能ですので、こういった経営者側からは見えないような視点からアドバイスを貰う事ができるのはかなりのメリットであると言えます。