会社設立と税理士

会社を設立する時に頼りになる大きな存在が税理士です。この税理士がどのような仕事なのか、公認会計士とどう違うのか、など税理士について詳しく知らない方も多いと思いますが、税理士がどのような仕事をしているのかを知るという事は、会社の経営を安定した物にする事にも繋がります。

税理士がどのような仕事なのかというと、読んで時の如く税金に関係するお仕事です。税理士は経営者の代りに専門分野から税に対するアドバイスをする仕事になります。例えば、会計処理を代行したり、節税のアドバイスなどはもちろんの事、申告書の作成なども行ってくれます。また、贈与税や相続税など資産税の進行の代行をしてくれるのも税理士の仕事になります。

日本では中小企業が税理士を多く利用しています。経営者と一緒に財務の部分から経営方針のアドバイスをしてくれたり、常日頃から税金対策をしてくれるのが税理士になります。またあまり無いかもしれませんが、税務調査などが入った場合には、経営者に変わって担当者とやりとりをしてもらい、権利を守ってもらう事ができます。税務調査は素人の方にとっては不安なことも多いと思いますので、そういった不安を取り除く事ができる税理士はかなり重要な存在であると言えるでしょう。

そこでこちらのページでは、中小企業の強い味方として働いてくれる税理士にスポットを当ててご紹介します。現在税理士と契約していないような経営者の方や、これから会社設立する方は必見ですので、ぜひチェックしてください。