税理士の選び方

会社を設立した段階で、なるべく間を開けずに顧問税理士と契約するのがとても重要ですが、これまで会社を経営した事がない方にとっては、どのような税理士と顧問契約を結んだら良いのか分からないと思います。特に税理士の中にはレスポンスが遅くてイライラしてしまったり、税務調査の時に守ってくれなかったりなど、本来こちらが期待している税理士の働きをしてくれない場合もありますので、税理士選びは慎重に行いたい所だと思います。

税理士を選ぶ時に最も重要な事は、節税に積極的な税理士であるという事です。実は節税自体は本来の税理士の仕事では無い場合も多く、消極的な税理士も少なくありません。節税のアドバイスをしっかりとしてくれる税理士を選ぶ事はとても重要なポイントになります。

同じように重要な事は役員報酬についてのアドバイスをしてくれる税理士です。役員報酬は、主に経営者である社長に対しての報酬になるのですが、役員報酬を高額にしてしまうとその分税金も高くなってしまいます。そのため、利益をしっかりと確認しながら法人の利益と役員報酬のバランスをしっかりと調整してもらう事で、余分な税金の支出を抑える事ができます。経営者に協力的な税理士と顧問契約を結ぶ事はかなり有利になることを覚えておいてください。